• WORKS
  • マルチ装置を持つバックゾーンのハウス

マルチ装置を持つバックゾーンのハウス | 建築設計事例 | 東京の建築家 | 藤田大海建築設計事務所

マルチ装置を持つバックゾーンのハウス

階数 地上2階
延床面積 93.36㎡

マルチ装置を持つバックゾーンのハウス

マルチ装置を持つバックゾーンのハウス

 周囲が開けた分譲地に建つ「L字カウンター」と「吹抜ヴォイド」を持つ「ハウス」である。
 隣地にやや囲まれた敷地にフロントゾーンとバックゾーンを設定した。
 フロントゾーンには倉庫、駐車スペースとアプローチや、タイルテラス配置し、多様な 機能を処理する役割を持たせた。また、バックゾーンには「ハウス」を配置するとともに 南側に日照を確保する空地を設けた。
 「ハウス」には生活を豊かにする「吹抜ヴォイド」と「L字カウンター」を設けた。  「吹抜ヴォイド」はちょうど南側に配置し、フロントゾーンの開放感と日照を獲得するとともに、1階と2階を立体的につなげて一体感のある空間となるように配慮した。  「L字カウンター」は「ハウス」の中心に配置し、広々としたLDK空間で起こる日常の出来事がここを起点につながり、相乗効果を生み出すように配慮した。  この空間は、ハウス内の最大のイベントスペースであると同時に生活を豊かにする「マルチ装置」でもある。

名称
マルチ装置を持つバックゾーンのハウス
業務内容
デザイン監修
所在地
鳥取県鳥取市
用途
専用住宅
敷地面積
169.95㎡
建築面積
55.68㎡
延床面積
93.36㎡
階数
地上2階建
構造
在来木造
施工
福山建築
竣工
2020年12月