• WORKS
  • クロスエリアハウス

クロスエリアハウス | 建築設計事例 | 東京の建築家 | 藤田大海建築設計事務所

クロスエリアハウス

階数 地上2階
延床面積 100.19㎡

クロスエリアハウス

クロスエリアハウス

 東側の幅員6mの道路に接する奥行きのある敷地の建替えプロジェクトによる「ハウス」である。この道路のさらに東側の少し高い位置には幹線道路があり、車の往来が激しいが、敷地の前面道路にいたっては袋小路のように「たまり」の空間が保持されていた。
 「ハウス」は敷地北西側に寄せて配置することで、南側に最大限の庭確保し、道路側にはアプローチと三台分の駐車スペースを設けた。
 また、見方を変えると「南側のエリア」と「東側の空地と道路を合わせたエリア」が「クロス」することで「ハウス」が見い出されたとも言える。「南エリア」は太陽光や風を含み、BBQや家庭菜園などのアクティビティーがあり「東エリア」は移動を伴った空間であるが「たまり」の要素があり、ライフワークであるバスケットボールを思う存分できる空間であるし、地域と交流ができる空間でもある。これらの「エリア」は「ハウス」の内部空間と関係し呼応関係となり一体的な使用ができる。
 このように2つの「エリア」が「ハウス」を配置することにより同時的に存在し、相乗効果を享受できる「クロスエリアハウス」を創出した。

名称
クロスエリアハウス
業務内容
デザイン監修
所在地
山形県
用途
専用住宅
敷地面積
200.48㎡
建築面積
3.14㎡
延床面積
100.19㎡
階数
地上2階建
構造
在来木造
施工
マスターホーム
竣工
2019年11月